【書評】『満願』 -人間の心の闇を覗き見る

米澤穂信・著


「もういいんです」人を殺めた女は控訴を取り下げ、静かに刑に服したが……。鮮やかな幕切れに真の動機が浮上する表題作をはじめ、恋人との復縁を望む主人公が訪れる「死人宿」、美しき中学生姉妹による官能と戦慄の「柘榴(ざくろ)」、ビジネスマンが最悪の状況に直面する息詰まる傑作「万灯」他、「夜警」「関守」の全六篇を収録。史上初めての三冠を達成したミステリー短篇集の金字塔。山本周五郎賞受賞。

(新潮社)

書評


以前読了した『儚い羊たちの祝宴』が面白かった為、同著による短編集ということでこちらも購入。





表題作である『満願』をはじめ6編から成る短編集。

短編集なのだが、それぞれの物語がまるで一冊の本を読んだかのように重厚だ。


本作は一貫して人間の心のの部分を描いている。

ある人は自らの信念を貫き通すために、

またある人は秘密を守り切るために、

もしくは心が弱すぎるがために、


一線を越えてしまう。




どの物語も犯人を暴くようなミステリではないのだが、

真相に近づくにつれて違和感がどろどろとした恐怖に変化する。

また、題材が全て異なりトリック、結末もどれも鮮やかなため

永遠に読んでいたい没入感を覚えた。

こんなに満足感のある短編は中々ない。

上質な短編ミステリを探している方に是非。




※以下考察・感想。内容についてネタバレを含んでいます。未読の方はご注意下さい。






満願

どの物語も良かったが、特に心に残ったのは

やはり表題作『満願』だろうか。

『満願』は、時代背景が昭和60年代であるからか、どこかノスタルジックで、

まるで純小説を読んでいるかのような郷愁を感じられる。

そしてその古めかしさが仄暗い雰囲気をもたらし、より物語の薄気味悪さが漂う。

下宿の女将妙子さんの魅力や、主人公の妙子さんに対する淡い思いの描写も純小説たらしめる要因だろうか。

しかし優しい妙子さんの本心は最後まで分からなかった。恐ろしい…。


そして、『満願』の妙子さん、『柘榴』の夕子、月子の人物像を見て、

米澤穂信の描く女性はなんて清楚で魅力的な女性なのだろうと改めて感心した。

著者の他作品である『氷菓』の千反田える、『儚い羊たちの祝宴』のお嬢様方等々、

魅力的な女性の描き方も米澤穂信の見どころではないかと個人的には思う。

女性だけではなく、男性、特に仕事をする男性の描写も見事だ。

『夜警』の警察、『万灯』の商社マン、『関守』のライター等々、職種に合わせたそれぞれの人物の仕事に対する誠意、意思が伝わる。

『万灯』ではその誠意が最終的に仇になってしまったが…。

ともかく登場人物に魅力があるからこそ、その本心を覗き見るような小説は深みを増す。

堪能した。

著者紹介

著者である米澤穂信(よねざわ・ほのぶ)さんについて、

1978年岐阜県出身。2001年『氷菓』で第5回角川学園小説大賞(ヤングミステリー&ホラー部門)奨励賞を受賞しデビュー。2011年『折れた竜骨』で第64回日本推理作家協会賞(長編及び連作短編集部門)、2014年『満願』で第27回山本周五郎賞を受賞。『満願』、2015年刊の『王とサーカス』はそれぞれ3つのミステリ・ランキングで1位となり、史上初の2年連続3冠を達成。また2022年には『黒牢城』で第12回山田風太郎賞、第166回直木三十五賞、第22回本格ミステリ大賞小説部門を受賞。加えて国内4大ミステリ・ランキング全てで国内部門1位となり、前年までの3冠を塗り替え史上初となるミステリ・ランキング4冠を達成した。その他の小説に『ボトルネック』『リカーシブル』『さよなら妖精』『犬はどこだ』『インシテミル』『追想五断章』『いまさら翼といわれても』等、多数の著書がある。

作風としては、今まで古典部シリーズ、小市民シリーズ、探偵小説、青春小説、殺人ゲーム等様々なジャンルを描いているが、共通するのは、いずれも"日常の謎"をテーマに身近な怖さを描いていることだ。現実にあり得そうな事で、ゾクッとした怖さを味わえる。

『満願』は、2018年NHK総合テレビにて、「夜警」「万灯」「満願」の3編がミステリースペシャルとしてテレビドラマ化された。



この記事を読んだ方に、こちらもおすすめです▼▼

Q
本をお得に楽しむサービスはありますか?
A

Kindle Unlimitedなら、本や漫画が読み放題!

Amazonが提供する『Kindle Unlimited』は、小説、ビジネス本、専門書、漫画、雑誌、洋書と、幅広いジャンルの作品が200万冊以上読み放題になるサービスです。

30日間の無料体験があり、それ以降も月額980円。単行本であれば1冊以下の料金で好きなだけ本を楽しめます。

読書好きな方は是非、チェックしてみてください!