【書評】『逆ソクラテス』 -敵は、先入観。世界をひっくり返せ!

伊坂幸太郎・著


「敵は、先入観だよ」学力も運動もそこそこの小学6年生の僕は、転校生の安斎から、突然ある作戦を持ちかけられる。カンニングから始まったその計画は、クラスメイトや担任の先生を巻き込んで、予想外の結末を迎える。はたして逆転劇なるか!? 表題作ほか、「スロウではない」「非オプティマス」など、世界をひっくり返す無上の全5編を収録。最高の読後感を約束する、第33回柴田錬三郎賞受賞作。

(集英社より)

書評



小学生が主役の、子供たちが体験する世界を描いた作品。

小学生ならではの純粋な疑問や、ユーモアあふれた機敏が際立つ。


先入観を覆す


本書は5篇から成る短編集

著者は本作のことを、「デビューしてから二十年、この仕事を続けてきた一つの成果」と語る。

複数の短編で同姓同名の人物が登場することがあるが、それぞれの話は繋がっているような、繋がっていないような、詳細には語られない。

逆ソクラテスは全編にわたり、「先入観を覆す」ことをテーマに置いている。

子供のころ、大人たちが言っていることは全て正しいと思わされていた。

果たして本当にそうなのか、大人になったときに思い返すと、必ずしもそうではなかったように思う。

しかし、何が正しくて何が正しくないのか、判断することは難しい。

そこで大切なのは、自分がどう思うか

何かおかしい、と思ったら、その違和感を信じてみる。


「僕は、そうは思わない」


この短編集は、特に子供にたくさん読んでほしいなと思う。

大人にも、もちろんおすすめだ。

インタビューで伊坂さんも語っているが、

この短編集は特に人間関係において、悩んできたこと疑問に思うことの解決策が描かれているように思う。

人との付き合い方や、自らの心を守るための心構え

これからの人生を生きる上で、本書の内容は支えになるだろう。

どの作品も良かったけれど、一番好きな作品は『アンスポーツマンライク』かな…。


著者紹介

著者である伊坂幸太郎(いさか・こうたろう)さんについて、

1971年千葉県出身。2000年『オーデュボンの祈り』で第5回新潮ミステリー倶楽部賞を受賞しデビュー。04年『アヒルと鴨のコインロッカー』で第25回吉川英治文学新人賞、『死神の精度』で第57回日本推理作家協会賞(短編部門)、08年『ゴールデンスランバー』で第5回本屋大賞・第21回山本周五郎賞、20年『逆ソクラテス』で第33回柴田錬三郎賞受賞。その他の小説に『重力ピエロ』『マリアビートル』『夜の国のクーパー』『キャプテンサンダーボルト』『777トリプルセブン』等、多数の著書がある。

作風としては、軽妙なストーリー展開と伏線回収の美しさが際立つ。また、同姓同名の別人格が複数の作品に登場することが多く、作品同士がリンクしている風に感じることも特徴。



この記事を読んだ方に、こちらもおすすめです▼▼

Q
本をお得に楽しむサービスはありますか?
A

Kindle Unlimitedなら、本や漫画が読み放題!

Amazonが提供する『Kindle Unlimited』は、小説、ビジネス本、専門書、漫画、雑誌、洋書と、幅広いジャンルの作品が200万冊以上読み放題になるサービスです。

30日間の無料体験があり、それ以降も月額980円。単行本であれば1冊以下の料金で好きなだけ本を楽しめます。

読書好きな方は是非、チェックしてみてください!