【感想】『西の善き魔女⑧真昼の星迷走』 -共に居る未来のために、旅路の果てに

萩原規子・著


再会を誓い、ルーンは世界の果ての壁を目指して南へ、フィリエルは北極の塔へ。吟遊詩人に導かれ、それぞれの危険すぎる旅がはじまった。「氷の都」で彼らを待ち受けるのは、「真昼の星」を目とする賢者……! 女王の血を引く少女の勇気が世界を変える、傑作長篇ファンタジー、ついに完結! C★ノベルス版「外伝3」を改題

(中央公論新社より)

感想



第六巻で完結している『西の善き魔女』だが、本作第八巻「真昼の星迷走」にて遂に最終巻。数々の伏線、第六巻のその後、フィーリ(賢者)とバード(詩人)の謎と、物語を完結させた。

まさかルーンが亡国の王子とは。(多分)

フィリエルとルーンの今後、この世界の未来は読者の想像に委ねられるが、きっと強い意志で善き未来を創り上げていくのだろう。

もっと『西の善き魔女』の世界に浸っていたい気持ちはあれど、最後まで読めて良かった。

それにしても本書はルーンを中心に回っているのかというくらいルーンの魅力が凄い。

どのキャラクターも魅力的で素敵なのだが、やはりルーンの人柄が特に印象に残る。

ルーンという人物を生み出してくれただけで、著者萩原規子さんに多大なる感謝。ありがとうございます!

『西の善き魔女』を初めて読んだのは中学か高校あたり。当時ドキドキしながら読んだことを思い出しつつ、大人になって知識が増えたうえで読み返すとまた思うところがある。考察についてはまた総評にて。


著者紹介

著者である萩原規子(おぎわら・のりこ)さんについて、

1959年東京都出身。『空色勾玉』でデビュー。2006年『風神秘抄』で小学館児童出版文化賞、産経児童出版文化賞(JR賞)、日本児童文学者協会賞受賞。その他の小説に、『RDGレッドデータガール』シリーズ『あまねく神竜住まう国』『荻原規子の源氏物語』完訳シリーズ等、多数の著書がある。

作風としては、ファンタジー色の強い児童文学を多く執筆している。

『西の善き魔女』は、月刊コミックブレイドにてコミカライズ、2006年にはアニメ化されている。



この記事を読んだ方に、こちらもおすすめです▼▼

Q
本をお得に楽しむサービスはありますか?
A

Kindle Unlimitedなら、本や漫画が読み放題!

Amazonが提供する『Kindle Unlimited』は、小説、ビジネス本、専門書、漫画、雑誌、洋書と、幅広いジャンルの作品が200万冊以上読み放題になるサービスです。

30日間の無料体験があり、それ以降も月額980円。単行本であれば1冊以下の料金で好きなだけ本を楽しめます。

読書好きな方は是非、チェックしてみてください!

SF書評
PLANETFORM